MENU

住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用について紹介していきたいと思います。住宅ローンというのは諸費用がかかってしまいますから住宅ローンを組むだけで何もお金が必要ないと思っている人は確認しておいた方がいいでしょう。まず住宅ローンを組んで売買契約をする際には物件の金額にもよりますが5000万ね2課の場合には売買契約書にはる印紙税が1万5千円かかることになりますし、住宅ローンの契約をする際には5000万円以下の住宅ローンには2万円の印紙税がかかってきます。このほか住宅ローン以外にも、決済や土地の引き渡しの際にも司法書士に払うお金がだいたい5万円前後かかってきます。

 

住宅ローンの諸費用としては事務手数料、保証料、団体生命保険料などがかかってきます。火災保険料も必要ですし、司法書士に報酬を支払う際にはこちらも5万円前後の費用が必要です。トータルで考えると他にも引っ越しの費用や家具なども購入する際の費用も必要になってきますから住宅ローンの5パーセントくらいが自己資金として持っていると安心して住宅ローンを組んで家を購入することができるのではないかといわれています。住宅ローンによっては頭金0で購入可能といわれているローンもありますが、その際でも諸費用は必要です。

住宅ローンの保障

住宅ローンの保証人についてですが、住宅ローンの保証人というのは、住宅ローンを借りていたのに、お金を返すことができなくなってしまったときに、その人の代わりにお金を払わないといけない人のことをいいます。住宅ローンの保障品には普通保障品と連帯保証人がありますから確認してみましょう。まず住宅ローンの普通保証人というのは、返済できなくなったときに保証人に請求を求めた場合でも財産の差し押さえなどをして強制執行をしてもらって保証人が住宅ローンを払わなくてもいいようにできます。

 

しかし住宅ローンの連帯保証人の場合には、一切それらがないですから連帯保証人が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになります。最近は連帯保証人の代わりとして住宅ローンを組む際に保険会社が保証人になることもあります。その場合には保険会社に保証料を支払わなくてはいけないことになって場合によっては50万円以上も支払わないといけない場合もあるといわれています。もしも住宅ローンを支払えなくなって保険会社が支払うことになっても住宅ローンが消えたわけではなくて、住宅ローンの支払いを保険会社が変わりにしただけで結局は次は保険会社に返済していかないといけないことになるということには変わりありません。

住宅ローンのボーナス返済

住宅ローンのボーナス返済についてですが、住宅ローンを返済するときには、毎月返済していくという毎月返済と合わせてボーナスが出る月に、ボーナス返済を合わせて行っている人もいると思います。住宅ローンのボーナス返済をすれば毎月の返済額も確実に減ると思いますし、家計のバランスも良くなるのではないでしょうか。住宅ローンのボーナス返済のメリットとデメリットを紹介していきたいと思いますが、メリットとしてはやはり確実に住宅ローンを減らしていくことができるということと、住宅ローンの毎月の負担額が減るということだと思います。

 

しかし住宅ローンのボーナス払いをする際の注意点は、やはりボーナスが不景気で安定しない場合や、もしかすると今後不景気でボーナスが出ないということもありますから、安易に住宅ローンのボーナス返済を組んでしまうとあとから返済に困ることもあるかもしれません。ボーナスが万が一なくなった場合でも安心できるような額でボーナス返済をしていくことをお勧めしたいと思います。住宅ローン以外にも家を購入するということは固定資産税も必要になってきますし、住宅を維持するために資産も必要なのでその点もよく考えたうえでボーナス返済するかどうか考えた方がいいかもしれません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク